2011年10月25日

5回戦カバレッジ 夜 VS にゅず

5回戦フィーチャー卓・夜 VS にゅず


夜氏は二戦連続のフィーチャーマッチとなったが、これには理由がある。
全勝者は
らりるれろ VS ヘイゼル
夜 VS にゅず
となっており、どちらを選んでもフィーチャーマッチ2回目となる。
にゅず氏を選んだのは、氏が私をVISIONに引きこんだ張本人であり、貴重な大学の先輩であるからという非常に私的な理由となっている。


G1 先攻:夜
先に動いたのはにゅず。後手1ターン目から《キスメ/5弾》、《釣瓶『ウェルディストラクター』》と動く。

これにはさすがに、と夜は《緑眼のジェラシー》を《キスメ/5弾》にプレイする。
そのディスカードににゅずは《神秘の卵》をプレイし、自らのメインで効果起動を宣言すると夜はさらに《緑眼のジェラシー》をプレイ。
例外の世界呪符こそあるが、場にカードが残らない展開が続く。

4ターン目、小考の後にゅずがとった行動は《業火絢爛》のプレイ。《釣瓶『ウェルディストラクター』》のみで何とかしようということだろうか。

対して夜は意にも介さず《強引な取引》、《サニーミルク/9弾》と動き自らのライフを21とする。
これを見たにゅずは自らのターンに入ると《釣瓶『ウェルディストラクター』》を起動し8点のダメージを与える。夜のライフは残り13点。
さらに追加で《釣瓶『飛んで井の中』》をプレイ。自らのライフを23とする。
さらに《猫符『怨霊猫乱歩』》で《キスメ/5弾》・《ルーミア/7弾》・《雲山/10弾》と場に出す。自らのライフは21。

夜は《釣瓶『飛んで井の中』》を破壊するために《サニーミルク/9弾》でアタック。にゅずのライフを19とする。
もちろんにゅずは干渉で《釣瓶『飛んで井の中』》の効果を用いて夜のライフを2点削り、11点までライフ減少。
自らのターンに入ったにゅずは、まず《釣瓶『ウェルディストラクター』》をプレイしライフを17とする。
その後《雲山/10弾》でアタックし3点ダメージ、夜のライフは8へ。
さらに《ルーミア/7弾》でアタックするが、夜は《イリュージョナリィブラスト》で返しにゅずのライフは14。

しかし夜の抵抗むなしく、にゅずは《キスメ/5弾》アタックに干渉し《雲山/10弾》の効果を起動。
5点ダメージと《業火絢爛》の効果により夜のライフを1にして相手は何もプレイできない状態になり、
次のターン《釣瓶『ウェルディストラクター』》起動でにゅずが速やかにゲームを決めた。


夜 0−1 にゅず


サイドボーディングを行う際に、にゅず氏は水を飲んだ。今日は 500ml のペットボトルで8本持ってきているという。
水を飲んで力を発揮する、そういうプレイヤーだ。(大嘘)


G2 先攻:夜
今回も先に動いたのはにゅず。やはり後手1ターン、《マナの生成》から《里香》プレイ、コスト X=2 支払いで CIP 効果起動。
《ふらわ〜戦車》と《小悪魔/9弾》を場に加え。さらに《業火絢爛》をプレイし場を固める。
続けてアクティブインした《里香》でアタックし、干渉で《ふらわ〜戦車》を装備し3点ダメージ。夜の残りライフを攻める。
最後に《ふらわ〜戦車》を破棄し、《飛行戦車イビルアイΣ》を場に出す。
《ふらわ〜戦車》の自動効果でさらに3点。夜の残ライフは19となり、長かった1ターンはこれで終了となった。

先攻2ターン目、夜はそのまま《マナの生成》から《サニーミルク/9弾》と動き4点のダメージを受ける。残ライフ15点。

ターンが帰ってきたにゅずは《里香》でアタック、干渉で《飛行戦車イビルアイΣ》を装備し、
2ターン目にして夜のライフを一桁、9点にまで押し込む。

このままではライフが削られるばかりの夜。打開策はあるのだろうか。
夜は《禁弾『カタディオプトリック』》をプレイし、にゅずの《業火絢爛》を破棄する。
さらに《エニグマティクドール》をプレイするも、この時点でライフは7点。もはや風前の灯火か。
この間、にゅずは起動効果によって《飛行戦車イビルアイΣ》を《里香》から分離している。


後攻3T にゅずのメインフェイズでの場を状況整理しよう。
 にゅず:《里香》、《飛行戦車イビルアイΣ》、《小悪魔/9弾》
 夜:「神秘の人形」、《サニーミルク/9弾》
(キャラクターは全てアクティブ状態)

この状況からにゅずは《里香》でアタックを選択し、夜はこれを神秘の人形で受ける。にゅずのライフは残り24点。
さらににゅずは《小悪魔/9弾》でアタックするも、これは《イリュージョナリィブラスト》される。にゅずのライフは21点。
にゅずはさらに《里香》を X=2 でプレイし、《ふらわ〜戦車》を追加。
《里香》でアタック、干渉で《飛行戦車イビルアイΣ》セット、最後に《ふらわ〜戦車》のアタックで、綺麗にライフをもぎ取った。


夜 0−2 にゅず


デッキ相性の差か、にゅずがフィーチャーマッチ初の2連勝で決勝卓への切符を勝ち取った。
夜は自慢の《西行寺幽々子/5弾》や《符ノ壱“八雲紫”》を出す前に押し切られる格好となったが、ここまでの健闘を称えるべきだろう。
秋紙舞も残り1戦となった。果たして、優勝者は誰になるのだろうか。
posted by 千代田暁 at 07:00| 大会結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。