2011年10月25日

3回戦カバレッジ ヘイゼル VS ウミ

3回戦フィーチャー卓・ヘイゼル VS ウミ




全勝者が徐々に絞られてきた3回戦は大阪のヘイゼルと島根のウミ、両氏をフィーチャーした。
彼らはかつて関東で行われた大型大会・東方冬晶寓において、共に上位入賞を果たした西日本の強豪プレイヤーである。
幾度か直接対決の経験もあるようだが、これまでの戦績はヘイゼルの優位であるらしい。ウミは反撃となるのだろうか。


G1 先攻:ウミ
先に動いたのは後手のヘイゼル。1ターン目から《キスメ/5弾》をプレイし戦力を増強する。

対してウミは2ターン目に《裏取引》をプレイ。《雲山/10弾》を捨てる。
ここでヘイゼルが焦り手札を崩してしまう。見せてしまったのは《飛行戦車イビルアイΣ》。
ヘイゼル、まあいいかと呟きながら2コストで《里香》プレイ。《ふらわ〜戦車》・《小悪魔/9弾》も場に出てくる。
《里香》アタックから《ふらわ〜戦車》を装備し3点ビート。妖怪速攻のテンプレのような動きである。

3ターン目、ウミは《疑惑の五芒星》を《里香》に付けてターンを返す。
ヘイゼルはコストを払えずに《里香》を破棄し、《ふらわ〜戦車》の効果でウミに3点を与える。
ノードセットからプレイしたのは《ふらわ〜戦車》、さらに《業火絢爛》と畳み掛けるがこれは《作戦阻止》で文字通り阻止。
《業火絢爛》が通るとゲームが終わりかねない。

4ターン目。
ここでウミは《雲居 一輪/10弾》をプレイし、捨てておいた《雲山/10弾》を冥界から場に出す。ウィニーの攻勢に耐える構えだろうか。
ターンの返ってきたヘイゼルは《闇符『ダークサイドオブザムーン』》で戦力を増強し、《小悪魔/9弾》でアタック。
干渉で《ふらわ〜戦車》つけて7点与えてから、先ほど見せてしまった《飛行戦車イビルアイΣ》を自動効果で出す。さらに3点ダメージ。
そしてこちらも《雲居 一輪/10弾》をプレイし、釣り上げた《雲山/10弾》でアタック。
5点貫通の攻撃に対して小考した後、ウミは自らの《雲居 一輪/10弾》でブロックを選択し、《運命のダークサイド》をプレイする。
これに対してヘイゼルは《雲山/10弾》を《雲居 一輪/10弾》に付けて回避した。ターン終了。

対するウミの回答は《鬼声『壊滅の咆哮』》!X=5 で《小悪魔/9弾》と《雲居 一輪/10弾》を破棄し、
場には《闇符『ダークサイドオブザムーン』》、《飛行戦車イビルアイΣ》、《キスメ/5弾》と非常に貧弱な場に。
ウミはさらに《永江 衣玖/9弾》を自動効果で出して場を固め、トップ確認の後ターン終了を宣言。

ヘイゼルは何もせずターンを返す。

ウミはここぞとばかりに《永江 衣玖/9弾》でアタックを宣言。5点通る。
対するヘイゼルは引いてきた《雲居 一輪/10弾》をプレイし《雲山/10弾》を場に出すが、この場をひっくり返すには少々荷が重いだろうか。
小考の後、ヘイゼルの取った行動は《雲山/10弾》によるアタック。
ウミのブロック宣言は《雲居 一輪/10弾》。ヘイゼルは《飛行戦車イビルアイΣ》の効果を使用し、5点の貫通ダメージ。

ウミの回答は《疑惑の五芒星》。ターゲットは当然《飛行戦車イビルアイΣ》が付いた《雲山/10弾》だが、
これは《雲山/10弾》自身の効果で回避し、《雲居 一輪/10弾》の装備に。
《雲居 一輪/10弾》がマナチャージしてターンエンドのヘイゼル。

8ターン目、《永江 衣玖/9弾》でトップを見るだけのウミ。宣言は上。
これをマナチャージせずにそのままドローしたヘイゼルは、《緑眼のジェラシー》を《永江 衣玖/9弾》に撃ち、そ
のまま武装した《雲居 一輪/10弾》と《キスメ/5弾》で攻撃、勝利をもぎ取った。


ヘイゼル 1−0 ウミ


ヘイゼルは妖怪寄りの速攻。対するウミはぐるコン監視者であろうか。
ぐるコンが捌けば勝ち、速攻が押し切ればそちらの勝ち、というマッチアップに見える。
気持ち長めの時間をサイドボーディングに費やし、2戦目がスタートした。


G2 先攻:ウミ
今回も先に動いたのはヘイゼル。1ターン目のノードセット《マナの生成》から《ルーミア/7弾》、《業火絢爛》と一気に攻める構えか。
さらに次のターンにも《ルーミア/7弾》を追加し、2点受けながら《ルーミア/7弾》で3点クロックをかける。

ウミはいつもの癖のように《マナの生成》をプレイし、2点のダメージ。このダメージはもったいない。
対してヘイゼルはノードを1に保ったままプレイを続けている。
このターンもノードをセットした後に《雲居 一輪/10弾》をプレイし、ノードはスリープノードが1。
そのまま冥界から出てきた《雲山/10弾》でアタックし、3点を稼ぐ。
その後《ルーミア/7弾》でアタックするが、ここでプレイされたのは《マナシールド》。
2点ダメージを受けながらダメージを大きく軽減する。この《ルーミア/7弾》には渋々といった態で《雲山/10弾》が付けられる。
さらに1点しか通らないが、もう一枚の《ルーミア/7弾》もアタック。《マナシールド》には非常にきついということであろう。

ウミは《孤高の監視者》をプレイし、《雲居 一輪/7弾》と《雲山/10弾》を場に出す。
その《雲居 一輪/7弾》はそのまま《ルーミア/7弾》にセットされている《雲山/10弾》を剥がす。
そのままウミは《裏取引》で手札を整え、ターンエンド。
ヘイゼルは《ルーミア/7弾》でアタックするが、これには《緑眼のジェラシー》が刺さる。

ここでウミが維持コストを払い忘れ、《マナシールド》が壊れてしまう。
《裏取引》を打つが、ここから先、全てのプレイには2点ダメージが付きまとう。
ウミは自分のターンに《マナシールド》をプレイするが、これには《十王の激怒》。さらにこれを《作戦阻止》で返す。
この一連の流れでウミに4点。
ヘイゼルにもダメージは蓄積しているが、たったの6点。速攻デッキにはさしたる問題ではない。
ここでヘイゼルは小考し、ノードをセットしてターンを返す。

ウミは《裏取引》で手札を整え、《雲居 一輪/7弾》でマナチャージするのみ。
ここでヘイゼルは《里香》をX=2でプレイし、《ふらわ〜戦車》と《小悪魔/9弾》を場に追加する。
ウミの残りライフは4だが、削りきれるだろうか。場はこうである。

ウミ:《マナシールド》、《雲山/10弾》(アクティブ)、《雲居 一輪/7弾》(スリープ)
ヘイゼル:《業火絢爛》、《里香》、《ふらわ〜戦車》、《雲居 一輪/10弾》(以上アクティブ)、《小悪魔/9弾》(スリープ)

ヘイゼルは《雲居 一輪/10弾》でアタックし、これをウミは《雲山/10弾》で受ける。もちろん《ふらわ〜戦車》がついてくる。
ここでヘイゼルはターン終了。

対するウミは《秘密結社》で《永江 衣玖/9弾》を回収。
さらに《雲居 一輪/10弾》をプレイ。場に《雲山/10弾》。さらに自動効果で《永江 衣玖/9弾》を場に出す。
そこから《疑惑の五芒星》を相手の《雲居 一輪/10弾》に付けて、《雲居 一輪/7弾》でマナチャージ、ターンエンドと動く。

ターン開始時にヘイゼルの《雲居 一輪/10弾》が破棄、《ふらわ〜戦車》の効果でウミの残りライフは3。
しかし3点が遠い。
ヘイゼルは動かずにターンを返す。

ウミの選んだ行動は《永江 衣玖/9弾》によるアタック。これを通し、ヘイゼルの残りライフは14。
《永江 衣玖/9弾》の効果起動に対し小考したヘイゼルはこれを通し、上のカードが下に送られる。
ヘイゼルは《法界の火》を打ち込み、2点を受けながらも脅威の除去に成功する。
さらに自分ターンに値千金の《釣瓶『ウェルディストラクター』》。致死ターンは3ターン。

ウミは《雲居 一輪/7弾》でのアタックを選択。これをヘイゼルが《里香》で受けると《雲山/10弾》を装備させ、5点を与える。
ぎりぎりの攻防の中、ヘイゼルは勝ち目がないと判断したのか、投了した。


ヘイゼル 1−1 ウミ


この時点での残り時間は8分程度。引き分けという言葉が頭をよぎる。


G3 先攻:ヘイゼル
初動はもちろんヘイゼル。ノードセットから《キスメ/5弾》の黄金パターン。
しかし2Tには動きが無い。

対するウミは絶好調。《春乞いの儀式》で《キスメ/5弾》を除去し、《孤高の監視者》をプレイと軽やかに動く。
出すのは《雲居 一輪/7弾》《雲山/7弾》のペア。
この《雲居 一輪/7弾》のマナチャージに対し、ヘイゼルは《くるみ》《くるみ》から《悲しき人形》(X=1)と動くが、これは《作戦阻止》。

ヘイゼルは返しのターンで2枚の《くるみ》による6点クロックをかける。
これを通したウミは、続く《キスメ/5弾》のプレイもスルーし、ディスカードには《雲山/7弾》を《くるみ》につける。
ウミは自分のターンで《雲居 一輪/7弾》の効果を起動。これにはヘイゼルが《緑眼のジェラシー》で答えるが、これにも《作戦阻止》。

そしてヘイゼルが上から引いてきたカードは《釣瓶『ウェルディストラクター』》! 一気にキルターンが早まる。
追加の《キスメ/5弾》は《瞋怒》されてしまったが、《くるみ》と《キスメ/5弾》で殴り、5点を与える。
返しのウミのターンは《秘密結社》(目標《雲居 一輪/10弾》)、そのまま《雲居 一輪/10弾》プレイ、《雲山/7弾》をリアニメイトという流れ。
この《雲山/7弾》を《キスメ/5弾》にセットして《雲居 一輪/7弾》が爆発させ、《釣瓶『ウェルディストラクター』》のスピードを遅める。
さらに《雲居 一輪/10弾》で攻勢に入る。時間が少ないことを意識しての行動だろうか。

ヘイゼルは何もせずターンを返すが、ウミは攻勢を緩めない。さらに3点。

ヘイゼルのとった行動は《飛行戦車イビルアイΣ》の通常プレイ。
《釣瓶『ウェルディストラクター』》があるのでこれでなんとかするということだろうか。
ウミは《飛行戦車イビルアイΣ》が立っている状況にもかかわらず、《雲居 一輪/7弾》でアタック。
当然《飛行戦車イビルアイΣ》で受けて《雲居 一輪/7弾》は決死状態に。

ここでエクストラターンに入る。ウミのライフは14点、ヘイゼルは19点。

ヘイゼルの《飛行戦車イビルアイΣ》の攻撃を《雲居 一輪/10弾》でブロックし、《くるみ》のアタックは《春乞いの儀式》と、しのぐウミ。
ヘイゼルはここで《釣瓶『ウェルディストラクター』》を起動し10点を与え、ウミの残りライフは4点。
もちろんのごとくここで《雲居 一輪/10弾》をプレイし、《雲山/10弾》で3点を与え、残り1。

ディスカードにウミは《古明地 こいし/5弾》をプレイする。必死の抵抗。
しかしデッキトップに回答はなく、投了。ヘイゼルが勝利をつかんだ。


ヘイゼル 2−1 ウミ


ヘイゼルの妖怪ウィニーをウミの除去が捌ききれず、エクストラターンでギリギリの決着となった。
結果論から言うとこの両者は2位と3位になったわけで、この早い段階でぶつかるのは少し勿体無かったのかもしれない。
しかしながらこれだけの熱い戦いを記録できたのは運営として喜ばしいことである。
posted by 千代田暁 at 09:00| 大会結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。