2011年10月25日

2回戦カバレッジ しゅうちゃ VS たかじー

2回戦フィーチャー卓・しゅうちゃ VS たかじー


フィーチャーマッチ2回戦、ここでは筆者の VISION 関連の知り合いであるたかじー氏をおよびした。
関西最強の右手を持つと噂のたかじー氏。今回もその右手は光り輝いているのだろうか。


G1 先攻:しゅうちゃ
ノード置くのみのしゅうちゃに対しノードセットから《マナの生成》《裏取引》と綺麗に繋げるたかじー。

これに対してしゅうちゃはノードセットから《アリス》。
対するたかじーはさらなる《裏取引》でドローを加速し、《サニーミルク/9弾》を出す。

対してしゅうちゃは《香霖堂》から《強引な取引》をハンドに加え、マナチャージ、ノードセットから《強引な取引》プレイとこちらも美しい。
そして《サニーミルク/1弾》をプレイし、《疑惑の五芒星》で《サニーミルク/9弾》を除去。
目まぐるしく動く戦況。序盤にふさわしい。
ここでたかじーのビッグプレイ、《射命丸 文/5弾》プレイから《離反工作》を捨てさせる。
しかしそれでも《天竜『雨の源泉』》、《少女密室》などの強カードが見える。

ここでしゅうちゃは《アリス》でビートダウン。3点。
たかじーは《霊峰の魔獣》をプレイ、バウンス効果を選択して《是非曲直庁の威令》を釣り出し、《死霊の復活》から《西行妖/1弾》をリアニメイト。
《射命丸 文/5弾》でハンドを見たからできるプレイだ。ライフに4点と、脅威を追加する。

しゅうちゃはここで少々考えて《天竜『雨の源泉』》をプレイ。たかじーが《是非曲直庁の威令》で返すと、これにも《是非曲直庁の威令》。引きが強い。
通った《天竜『雨の源泉』》は2ドロー、冥界の《強引な取引》回収、除外《風祝の奇跡》回収と動く。
さらに《強引な取引》をプレイし、《サニーミルク/1弾》をプレイ。
ターンの返って来たたかじーはここで《西行妖/1弾》で殴り8点。エンドで4点。伏せられた1枚のハンドは一体何を持っているのか。

ここでしゅうちゃは《伝統の墨守チーム》! たかじー、ハンド1枚では対処できないか。
しゅうちゃは術者を据えて《散霊『夢想封印 寂』》をプレイし《西行妖/1弾》の排除に成功、エンド。
それに対してたかじーの最後のハンドは《深山の大天狗/10弾》。これをプレイした。

しゅうちゃは冷静に《符ノ壱“八雲 紫”》を《風祝の奇跡》で回収し、プレイ。《深山の大天狗/10弾》は除外される。
そして《伝統の墨守チーム》でアタックしライフに圧力をかける。
たかじーは何もせず返す。

これに対して《符ノ壱“八雲 紫”》、《伝統の墨守チーム》で殴りエンドのしゅうちゃ。
たかじーは《秋 静葉/7弾》をプレイし、2ドロー。
流石は東方秋紙舞、どうやらフィーチャーテーブルは静葉に好かれているらしい。

しゅうちゃは《倫敦人形》でデッキを確認し、《アリス》でアタックをかける。
たかじーは《妖怪の山》で《深山の大天狗/10弾》を回収。しかしドローフェイズがスキップされていてはやることがなさそうだ。

続くしゅうちゃのターン、たかじーは《伝統の墨守チーム》のアタックに合わせて《霊峰の魔獣》をプレイ!
《秋 静葉/7弾》で引いた2枚が上手く噛み合っていたのか。
しかし、バウンスされた《伝統の墨守チーム》を出し直される。これはどうにもならず、たかじーはサレンダーした。


しゅうちゃ 1−0 たかじー


しゅうちゃのデッキは墨守源泉。たかじーのデッキは天狗…だろうか?
《西行妖/1弾》や《秋 静葉/7弾》といったカードは一体何なのだろうか。


G2 先攻:たかじー
さて、1戦目は押されていた印象のぬぐえないたかじーだが、2戦目はどうであろうか。

初動は2ターン目、たかじー、《マナの生成》からの《サニーミルク/9弾》。しゅうちゃも《アリス》で返す。

さらにたかじーは《強引な取引》でドローを加速し、《アリス》には《アリス》と言わんばかりにプレイ。

次のターンには一気に7ノードまで加速し、《強引な取引》から《死霊の復活》。
これには《無縁塚》だが、干渉で《緑眼のジェラシー》をプレイ。《
少女密室》を合わせられるものの、ハンドコストで《西行妖/1弾》を捨てて《死霊の復活》を成功させる。

この状況でしゅうちゃは冥界を確認し「これ(の読み)って『みやまのだいてんぐ』ですか」との一言。
これに対してたかじーは「明らかにフォビ引いたやん」と返す。
しゅうちゃが《伝統の墨守チーム》プレイと動くが、これには《無縁塚》で返す。相手のノードは3。これは回避できない。

《西行妖/1弾》で殴らず4点のみで返すたかじー。状況はかなりたかじー寄りだが…
しゅうちゃは5コストからの《散霊『夢想封印 寂』》プレイ。しかしたかじーはこれを自らの《サニーミルク/9弾》に《緑眼のジェラシー》を撃ち回避する。

そして《西行妖/1弾》のアタック8点、さらにターン終了で4点。もう打つ手なしだろうか。

ここでしゅうちゃは《禁忌『フォービドゥンフルーツ』》をプレイ。宣言は《霊峰の魔獣》。公開された手札は、
 たかじー:《是非曲直庁の威令》、《是非曲直庁の威令》
 しゅうちゃ:《天竜『雨の源泉』》、《光撃『シュート・ザ・ムーン』》

打つ手なし。デッキを確認した後、しゅうちゃは手を山の上に置いた。


しゅうちゃ 1−1 たかじー


しゅうちゃ「したいこと全部つぶされた感じ」
たかじー「まああんだけ引いてたらねえ」
《是非曲直庁の威令》に《無縁塚》。対策カードを引けば引くだけ勝利に近づく。
対ユニオン戦とはそういうものである。


G3 先攻:しゅうちゃ
先に動いたのはしゅうちゃ。2T《アリス》。
これにはたかじー、3ゲーム連続の2ターン目《マナの生成》から《サニーミルク/9弾》と返す。

ともにマナチャージをし、たかじーは《裏取引》をプレイ。
これで《妖怪の山》を落とし、《射命丸 文/5弾》プレイ。《伝統の墨守チーム》を冥界に送る。
公開された手札は、《天竜『雨の源泉』》2枚、《散霊『夢想封印 寂』》を含むと非常に濃いハンド。

対応してしゅうちゃは《倫敦人形》から《伝統の墨守チーム》をサーチ。
そして2ドロー、8点回復、除外《風祝の奇跡》回収で《天竜『雨の源泉』》をプレイ。これは《是非曲直庁の威令》に落とされる。
ターンの返ってきたたかじーは自分に《強引な取引》をプレイし、カードをドロー。
さらに《裏取引》、《秋 静葉/7弾》、《惑視『離円花冠(カローラヴィジョン)』》と舞う蝶のような動きを見せる。

これにはしゅうちゃも困った表情。
ユニオンデッキはデッキを掘ってなんぼなのだが掘るカードがなくてはどうしようもない。長考を始める。
《風祝の奇跡》でノードを減らしてから《散霊『夢想封印 寂』》の素撃ちという非常にディスアド感のあるプレイ。
もちろん目的は《秋 静葉/7弾》の排除である。
たかじーはさらに《深山の大天狗/10弾》を追加し、圧力をかける。

しゅうちゃの反撃の手となる《伝統の墨守チーム》に対しては待ってましたと言わんばかりに《無縁塚》。ドローで手札調整しているだけある。
たかじーは殴っても問題ないと判断したのか《深山の大天狗/10弾》でアタック。

対するしゅうちゃのトップデックは《倫敦人形》。デッキから《天竜『雨の源泉』》を引っ張ってくるが…

たかじーは《天魔》を6コストでプレイ。これはしゅうちゃには重い、重すぎる。

しゅうちゃは《天魔》に対して《疑惑の五芒星》をプレイし、《天竜『雨の源泉』》をプレイするがそのまま除外。
そして《散霊『夢想封印 寂』》を素撃ちし、ターンを終える。

たかじーはもちろん《疑惑の五芒星》のコストを払い、《天魔》でアタック。10点隠密は対処しきれない。しゅうちゃが手を山の上に置いた。


しゅうちゃ 1−2 たかじー


墨守源泉、という環境最強といっても過言ではないコントロールデッキをもってしても、たかじーの相棒といっても過言でない天魔を打ち砕くことはできなかった。
posted by 千代田暁 at 10:00| Comment(0) | 大会結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。