2011年10月25日

1回戦カバレッジ ジャベリン VS 屋良八雲

1回戦フィーチャー卓・ジャベリン VS 屋良八雲


秋紙舞1回戦、初めてのフィーチャーマッチには福岡から来た屋良八雲、愛知から参戦のジャベリンの両者をお呼びした。
関西以外のプレイヤーの空気を感じたいという筆者の独断である。

一体どんなデッキであろうか。


G1 先攻:屋良八雲
屋良八雲、ノードセットのみの立ち上がり。
対してジャベリンは《マナの生成》でノード加速。
しかし特に何も動く様子はない。

先に動いたのはジャベリン。2ターン目に《朝倉 理香子》をプレイして終了。

3ターン目、《朝倉 理香子》に相対して屋良八雲は長考。ゆっくりとノードを置いてターンを返す。
更なる《マナの生成》をプレイしたジャベリンは《朝倉 理香子》をおかわりでターンエンド。

それに対しても屋良八雲は静かにノードを置くのみ。
対するジャベリンは《朝倉 理香子》ビートスタートである。3点。これに対しても屋良八雲は動かない。
ジャベリンは自分に対して《強引な取引》からもう1枚の《朝倉 理香子》でビート。再び3点で残り19。

屋良八雲にまだ動きはない。「事故っているだけなのかそういうデッキなのか……」ジャベリンがつぶやく。
それほどに動きのない屋良八雲である。
ジャベリンはなおも《朝倉 理香子》で攻撃。2体両方でのアタックをスタートする。6点のダメージが与えられ残り13。

屋良八雲の初動は6ターン目の《裏取引》だった。しかしこれにはジャベリンの《運命のダークサイド》が刺さる。
長考の末屋良八雲はこれを通した。破棄されたカードは《タイムパラドックス》など。きな臭いカードだ。
ジャベリンのデッキはメタビートといったところであろうか。いかんせん情報が少ない。
ターンが回ってきたジャベリンはこれにも気を介さず《朝倉 理香子》でビートダウン。6点。この時点で八雲のライフは7点。
その後、《紅葉狩り》でカードを回収。コスト支払いで落ちたカードには《幻想の四季》が。
その後自動効果で《永江 衣玖/9弾》を場に出しライフにプレッシャーをかけてからの《幻想の四季》プレイ。屋良八雲は投了を宣言した。


ジャベリン 1−0 屋良八雲


屋良八雲はデッキのカードを4枚しか見せていない。それがこのサイドボーディングにどのような影響を及ぼすのか。
ただ事故に遭っただけなのか、《朝倉 理香子》が辛かったのか、それは当事者にしかわからない。
サイドボード中にちらりと見えた八雲のデッキの中には《恨弓『源三位頼政の弓』》や《西行妖/1弾》が。
直接ダメージで勝つデッキであろうか。
しかし見せた《タイムパラドックス》がジャベリンの心を揺さぶる。


G2 先攻:屋良八雲
3ターン目まで動きの無い二人。淡々とノードをセットしていく。
先に動いたのはジャベリン。3ターン目に《玉兎/5弾》。あまり良いスタートではないか。

これに対して屋良八雲は《秋 静葉/7弾》から《秋符『フォーリンブラスト』》をプレイ。
壊したノードは《符ノ壱“八雲 紫”》と《結界『生と死の境界』》であった。
さらに屋良八雲、《疑惑の五芒星》を《玉兎/5弾》にセットして終了。
相手のメンテに《秋符『フォーリンブラスト』》除外も忘れない。

次のターン。《秋 静葉/7弾》の自動効果でドローができない屋良八雲だが、
《冬符『フラワーウィザラウェイ』》でノードからハンド回収。そのまま《死霊の復活》で《西行妖/1弾》を咲かせる。
今回は若干屋良八雲有利な場であろうか。
返しのターン、ジャベリンは《サニーミルク/1弾》をプレイ。

返しの屋良八雲は《紅葉狩り》でドローを加速。
ここで《疑惑の五芒星》を引き、《冬符『フラワーウィザラウェイ』》でさらに回収。ノードロックモードに入る。
《サニーミルク/1弾》に《疑惑の五芒星》を付けてエンド。《西行妖/1弾》の力でこのまま勝ちに向かうのか。

ここでジャベリンがハンド11枚という事態。ジャッジを呼ばれる。
ジャベリンのディスカード忘れにより場の修復が不可能な状態に。
呼ばれたジャッジにより、適切な状態と判断された場に造り変えられる。このことがゲームに大きな影響を及ぼす。

流れを切断されたジャベリン、それでも《マナの生成》から《アリス》をプレイした。
屋良は特に何も行わず、《西行妖/1弾》の力でライフにプレッシャーを与える。

またジャベリンの《マナの生成》から《強引な取引》。ここには《十王の激怒》が刺さる。
《十王の激怒》によりカードが無効化されたのでジャベリンの手札から《四季映姫・ヤマザナドゥ/5弾》が場に出る。
ここでジャベリンは《強引な取引》をプレイし直すも、二枚目の《十王の激怒》で回避されてしまい、ハンドが1枚。

屋良八雲は《西行妖/1弾》の力でライフを1にまで追い詰める。
ジャベリンの打った手は《紅葉狩り》。しかし1ドローの後、そのままターンエンドを宣言。何も引けなかったのだろうか。

屋良八雲のターンエンド宣言に対してジャベリンはサレンダー。


ジャベリン 1−1 屋良八雲


ディスカードフェイズは忘れてはいけないという一戦だった。実際、ノードが1枚減っているので、その差は大きい。
特にノード4、5当たりの攻防であったので、もったいないという感覚である。


G3 先攻:先手ジャベリン
「ロック決まるときっついなー」と呟くジャベリン。
屋良八雲が使用するのはちょっと見たことのない形のロックデッキであり、対策がしづらいという意味も込められているだろうか。

1ターン目に《玉兎/5弾》というロケットスタートのジャベリンに対し、淡々とノードをセットする八雲。G1を彷彿とさせる動きである。

2ターン目、屋良八雲は《香霖堂》をプレイ。めくられた4枚から《マナの生成》を選択しプレイ。
さらに二枚目の《香霖堂》。この4枚からは《タイムパラドックス》を選択。
屋良八雲の動きは止まらない。《『スターソードの護法』》を《タイムパラドックス》し、ハンデス宣言をする。
《タイムパラドックス》の効果を勘違いするジャベリン。発表当初は面白いカードと話題になったが、今は見かけることも少ないカードではある。

次の屋良八雲のターン、彼は《新史『新幻想史 −ネクストヒストリー−』》をプレイ。
3ドローしてからさらに《紅葉狩り》。《解呪》や《破壊工作》を探しているのだろうか。
ここで引いてきた《破壊工作》をプレイし、さらに《秋 静葉/7弾》。
《マナの生成》を挟んで《惑視『離円花冠(カローラヴィジョン)』》まで決まってしまう。

ハンドを失い、ドローを止められる。こうなるとジャベリンはアタックしかできない。3点与えてエンドするのみ。

もう一度ジャベリンは3点。ここで八雲の《封獣 ぬえ》が場に。そして《恨弓『源三位頼政の弓』》をプレイ。
ジャベリンは投了するしかなかった。綺麗にロックを決めた屋良八雲の勝利である。


ジャベリン 1−2 屋良八雲


2戦目の場の不備は非常にもったいない試合だったが、メタビートがメタ外のデッキに当たってしまった不運、というべきか。
とにもかくにも屋良八雲が勝利し、2回戦へと歩を進めたのであった。
posted by 千代田暁 at 11:00| 大会結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。